遺伝子治療の応用

遺伝子治療というと遺伝病のように遺伝子に異常がある人の治療を行う方法と考えてしまうかもしれません。確かにそういった目的での活用が期待される治療法ではありますが、その応用範囲として期待されている分野は遺伝病だけではありません。その大舞台となるのががん治療であり、誰もが患ってしまうリスクのある疾患の治療に応用できる可能性があるものなのです。遺伝子治療に関する情報はネット上でも多く存在しています。>>>遺伝子治療の今

がんはもともとは得体の知れないものでした。研究が進展することによってわかってきた事実として、何らかの影響で遺伝子に傷がついて発症することが原因だと判明してきています。それが理由でがん細胞が自分自身を死に導くという機能が失われていることが多く、異常増殖能を獲得してしまっている場合が多いのです。そのため、がん細胞が持ってしまっているこういった機能異常を改善して、自ら死に至らしめることができれば、がん細胞を根こそぎ死滅させて治療するということが可能と言えるでしょう。こういったアプローチによる遺伝子治療はほとんど実現されてきておらず、未だに発展途上にあります。安全性の確保と有効性の証明が行われていかないことには保険適用される技術としても確立していかないため、広く利用されるようになるにはまだ年月がかかることでしょう。しかし、一つの治療のアプローチとして臨床応用されているケースもあることから、がん治療に苦しむ人にとっては自由診療の選択肢として考慮に入れられるようになってきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です