Tag Archives: 臨床経験

 

必要とされる知識

遺伝子治療は既に多くの医療分野で活用している最新の技術ですが、中でもがん治療に関してはバリエーションが増えてきているという傾向が見られます。遺伝子治療は何らかの原因で正常に機能しなくなった遺伝子に変化を与えるもので、免疫系の不具合やタンパク質の合成にトラブルを発してがん細胞の増殖している状態を制御します。がん治療の外科的な手術や化学療法は身体的な負担も大きく、複数個所に転移が見られる場合は適用できないケースが大半です。しかし、遺伝子治療の場合はがん細胞が増殖するシステムの根本に変化を与えるものである事から、がんの進行状況にも左右される事が少なく、様々なケースに対応出来る治療法として活用されることが多くなってきています。
遺伝子に変化を与える治療法が急速に拡大してきている理由に、他の治療法との併用が可能であるという利点が挙げられ、放射線療法と組み合わせたり抗がん剤の投与にこの治療法を導入する医療機関も増えているのが現状です。そのため、がん治療に積極的に取り組んできている医療機関では複数のがん治療の専門家が求められており、組織を形成して治療を行っています。そのため、がん治療の分野では遺伝子を活用した最新の治療法に精通したドクターに加え、各種の検査技師や認定看護師のニーズも高まっています。なので、がん治療の分野で働きたい方はこれらの医療分野に関連する専門資格や臨床経験を重視する事が必要です。